トップ > お知らせ お問い合わせ
公園管理情報

QRコード

qrcode
モバイルサイトアドレス
ふろしき市|御殿場市内の公共施設を会場に開催するどなたでもご参加いただけるフリーマーケット

桜公園は一番富士山に近い公園ですが、園路や広場から富士山を撮ると富士山に電線が掛かってしまいます。

fuji01

そこで、オススメなのはココ

img_0367

空中回廊に登ると目線の高さが電線より高くなるので富士山に電線が掛からずに綺麗な富士山が撮れます!

img_0369

※写真撮影をする際は三脚で通路を塞ぐなど、他の利用者の迷惑になる撮影はおやめください。

タグ:

御殿場市の都市公園で発生した事件や悪質ないたずら等について、当ホームページ内にて情報を公開させていただいております。

公園近隣にお住みの方、教育関係者の方、また、地域の防犯活動等に取り組んでおられる方の参考にしていただければと思います。

公園ホームページのトップより【管理情報】をクリックしてください。

ただいま公園内の樹木の名前を書いた樹名板を取り付ける作業を行っています。

中央公園をはじめとした公園には様々な樹木がありますが、名前の分からない木もあると思います。そんなとき樹木版に書かれた木の名前を見て調べてみましょう。

お散歩の楽しみが一つ増えるかもしれません。img_0154

順次取り付けていきますのでお楽しみに!

富士山のふもと桜公園にはこんな石碑が設置されています。

fuji01

 この石碑の正体は……

fuji02 fuji03

江戸時代に起きた宝永噴火の時に降り積もった火山灰の地層をそのまま記念碑にしたもので、噴火の時期の違いによる堆積物の違いが一目瞭然。

地域の歴史を調べる。そんなちょっとアカデミックな休日を過ごしてみてはいかがでしょう?

こんにちわ!公園スタッフの長谷川です。

今日は静岡新聞さん発行の広報誌で「桜公園」を紹介していただけるということで

家族で遊んでいる写真を撮りに桜公園に行ってきました!

 

天気は快晴♪撮影日和です(^ω^)

h24212

 

桜公園といえば「ロングすべり台」

ということで、すべり台で遊んでいるご家族に写真を撮らせていただきました♪

h242121 h24212c

撮影にご協力いただいた皆様ありがとうございましたm(_ _)m

皆さんも是非、晴れた日は公園に遊びにきてください(^^)

 

スタッフ:長谷川

中央公園の噴水の向かいにあるこの不思議な形をした施設↓なんだか分かりますか?

ycyayay02 ycyayay01

 

 

 

正解はアメダス(地域気象観測所)、日々風速や降水量などの気象データを自動計測してデータを送り続けています。

公園は皆様方の生活にもお役に立っています!

ycyayay03

今朝は非常に冷え込みましたね。中央公園でも大変冷え込み最低気温も氷点下!
市内でも雪が降りましたが中央公園でもご覧のとおり一面の銀世界

冬景色

昼過ぎには融けてしまいましたが、冬景色を楽しめました。

*積雪時、凍結時は足元が滑りますのでご注意ください。

 

 

こんにちわ!公園スタッフの長谷川です(^^)

今年も安全で使いやすい公園にしていきたいと思いますのでよろしくお願いしますm(_ _)m

 

日中の暖かい時間は遊びに来てくれる人たち

で賑わっています♪

撮影に御協力いただいた方の写真を1枚ご紹介します♪

pc042572-1

 

衛生面、また風邪の予防の為にも

 

お外から帰ったらうがい手洗いをしましょう☆

 

公園スタッフ:長谷川

 

 

 

タグ:

中央公園の児童広場近くにあるこの石碑……何の石碑かご存知でしょうか?

kisya01

正解は、童謡『汽車ポッポ』の歌詞が刻まれた歌碑です。

なぜこれがここにあるかというとこの歌を作詞した『富原 薫』さんが現在の御殿場市(駿東郡御厨町)出身ということで中央公園に歌碑が立てられました。

『汽車ぽっぽ』は元々『兵隊さんの汽車』というタイトルで、汽車に乗って出征する兵隊さんを歌った歌でしたが、戦後川田正子さんの歌唱により『紅白音楽試合(現在のNHK紅白歌合戦)』に出演する際に作詞家の富原薫さん自身の手でタイトルと歌詞が変えられました。

また、この歌の舞台は御殿場駅といわれ、その当時活躍した蒸気機関車『D52』が現在御殿場駅前のポッポ広場に展示されています。
寒い冬ですが、ウォーキングのついでに童謡の旅をしてみてはいかがでしょうか?

 

中央公園のとある場所に

「けんけんぱ」をするための石があります。

それが下の二つの写真です。

dscf0777

【最初】

dscf0778

【最後】

 

写真の違いが分かるでしょうか?(^ω^)

・・・・・。

 

よく見ると、石と石の間隔が進むに連れて広くなっています。

これは、子供たちが成長とともに

少しずつ先に進めるようにと設計されたそうです。

(※スタッフ26歳がチャレンジしたところ、丁度半分くらいでリタイアしました・・・・orz)

 

毎日公園に来る方でも意外と気がついていない

「けんけんぱ石」

中央公園に遊びに来た時にはぜひ探索・チャレンジしてみてください(^ω^)

(ヒント・花壇)

 

スタッフ:長谷川